よく賃貸情報誌が販売されていますが、紙面という物理的な理由で全ての詳細を知ることが出来ません。
誌面が限られているということは、安くて条件の良いものだけを掲載して目を引き、来店してもらうことに目的が集約されているのでご注意ください。

 

賃貸情報誌には最新の情報が掲載されていると勘違いしている人も多いですが、実際のところは発売日の2〜3週間前の情報と考えてください。
その為問い合わせをしたとしても、すでに決まってしまっているケースが多くつまり情報が古いということになります。
どんなに有名賃貸情報誌だったとしても、それを参考にして賃料の相場を知るのは避けた方が良いでしょう。
あまりにも相場の違いにガッカリ、なんてことになるのでお気をつけ下さい。 不動産屋で紹介される賃貸物件というのは、ほんの一部となり、掘り出し物の物件はまた別に存在しています。
そのようなお得で便利な賃貸物件を見つけるためには現地の不動産屋へ行くのが一番手っ取り早いのです。

中央線 賃貸の専門
http://www.gulliver-nakano.jp/
中央線 賃貸



<お役立ちメニュー>偏った情報が掲載されている賃貸情報誌ブログ:10月07日

ボクは現在35歳の独身女性。
非常に微妙なお年頃…?ですね。

今、学生の頃親しかった友人たちを見渡してみると
多くが息子を出産し、家庭生活を営んでいらっしゃいます。

ボクは進路を決定する時に、
いつもといっていいほど友人のアドバイスを聞かないようで、
職業を決めるときにも企業への就職には、
友人の多くは反対をしていました。

理由は
「厳しすぎる」「男の職場」「婚期を逃す」…などさまざまですが
多くは女性として好ましくないという
ニュアンスが多かったように感じます。

ボクは「結婚はしたい」とクチでは言いながら、
当時の世間的に見れば結婚するという方向性ではなかったようですし…

ボク自身の気は弱いわりに、
負けず嫌いでしつこくて不器用な性格を知っていた友人たちのほうが、
数年後のボクを容易に想像できたのかもしれませんが…

昔、ボクが結婚に踏み切れなかった理由は、
彼女を愛し続ける自信のなさと
仕事を続けることを反対されたことでした。

ボクが仕事もしたい…と彼女に伝えた時、
なぜか怒りを買ったことを覚えています。

彼女の背景もありましたし、
背景から来る「女性は家庭を守って欲しい」という
彼女の価値観と折り合いをつけることが出来ませんでした。

彼女と再会してもやり直すつもりはありませんが、
今同じ状況ならどう対処できるだろうな…とはよく思います。

20代のときほど、
必死に肉体を壊すほどに仕事に向かわなくても良くなった今…

ボクの人生に
息子という授かり物がきてくれるかどうかは別として、
結婚できなかったらもっと寂しくなっちゃうんじゃないかな、
一生幸せになれないんじゃないかな…
そんな怖れにふと駆られることもあります。