実際に賃貸物件を探している人が、不動産屋まで来てもらわなければ不動産ビジネスは成り立ちません。
インターネットでいくら訪問者があっても店頭に来てもらえないと意味がないのです。

 

もし不動産屋へ行くのでしたら、その前に不動産雑誌などに掲載されている物件が本当にあるのかを確認してからにしましょう。
そうすることでおとり広告に惑わされることもなくなるでしょう。
いわゆるおとり広告と呼ばれている広告を出し、一人でも多くの来店者を増やすことを不動産屋では行なっています。
おとり広告を確認して実際に店に訪ねてみると、「申し訳ございません。すでにその物件は契約されています」などと言ってくることでしょう。 世界的に見ても日本の賃貸物件の数は多い方であり、シーズンで無い時には多くの物件から選ぶことが出来ます。
ただし引越しシーズンとなってしまいますと、逆に良い物件と出会えなくなってしまうのでタイミングが非常に重要なのです。



<お役立ちメニュー>賃貸契約をさせるための悪質な広告に注意ブログ:10月13日

シェイプアップのマニュアル本などを見てみると、
適度な運動が効果的…なんてことが、
ほぼ確実に書かれていますよね?

確かに運動をすることによって、
カロリーを消費することができますから、
ダイエット効果が期待できます。

でも中には
「おれは運動ギライだから…」という人も…

運動ギライの人でも、できる運動ってたくさんあるんですよ。

例えば、「歩く」こと。
歩くことは普段からしていますし、
運動のセンスも関係ありませんよね?

運動神経に自信のない人は、
歩くことを意識してみてはいかがですか?

例えば…
歩くチャンスは、駅にも転がっています。

駅のホームにたどり着くために
階段を上り下りすることはありませんか?

今は便利な世の中ですから、
たいていのところには、
エスカレーターなりエレベーターなりが設置されています。

でもここでちょっと頑張ってみるのはどうでしょう。
ちょっと厳しいけど階段を使ってみましょう。
階段を使ったところで、
1分ぐらいしかかからないのではありませんか?

この1分でも、
エスカレーターを使うのと階段を使うのとでは
消費できたカロリーに差が出ます。
一回分を見れば大したことはないかもしれません。

しかし日々続けていれば、
そしてひと月、一年と続けていれば
結構なカロリー消費をすることになるんです。

歩くという行為はシェイプアップからしてみると、
少ないかもしれませんが、
確実にエネルギー消費の手助けをしているわけです。

そして、
歩く時には、腕を大きく振りましょう。
腕を同時に動かすことによって、
腕を動かすためのカロリーも消費しますよ。

ちょっとした工夫が、
シェイプアップにつながるんですよ!