「いつ頃から物件探しをすれば良いの?」と考えてしまうかもしれませんが、概ね引越しを考えている日の2週間前がベストです。
しかしいったいこの基準は何なのかわりませんし、根拠もなく参考にする必要はないでしょう。

 

不動産屋で理想の物件が見つかったら、資料だけではなく現地調査の上、納得してから契約を進めていきましょう。
借りられず悔しい思いをしないためにもしっかりと初期費用の確保をしておくようにしましょう。
お金が無ければ引越しをすることが出来ませんので、初期費用の全てが揃ってその後の生活費に余裕が出てきた時が物件探しを始める良いタイミングです。
これ以外の状況の時には、まだ物件探しに着手してはいけません。 地方と都会では賃料の差が大きくなっているのは仕方の無いことですが、探し方によってはお得に見つけることが出来ます。
それを実現させるためには直接現地に行って物件探しをするのが一番の得策となります。



<お役立ちメニュー>引越しの2週間前に賃貸探しブログ:07月21日

みなさまは、息子の頃
何になりたかったですか?

ミーは、物心ついたときから電車が大好きでした。
だから、一番最初になりたかったのは電車の運転手です。

当時、私鉄の沿線に住んでいたので、
ミーは、電車を見るのも乗るのも大好きでした。

電車の運転手さんの後ろに立って、
まるで自分が電車を運転しているような気になって…
それだけで幸せでした。

ターミナル駅から出発したり、到着したりする電車を
一日中眺めては、
父やママを困らせていたようです。

でも、本当にそれだけで幸せだったんですね。

次になりたかったのは、プロ野球選手でした。
もともと体操が好きだったミーは、
お兄さんのグローブを使って一人でボール遊びをしていました。

しかし、お兄さんのグローブなので、
お兄さんの眼を盗んでグローブを使っているミーを見るに見かねて、
父がミーの誕生日にグローブを買ってくれました。

本当にうれしくって、大事に使ってました。

近所の友達たちと連日のように
キャッチボールや野球をして遊んでいました。
本当に、日が暮れてボールが見えなくなるまで野球をしていました。

それでも、飽きるどころか夜行性の虫のように、
ミー達は電灯の明かりに群がってボールを投げていました。

プロ野球選手の真似ごとをしては、
その選手になりきっていました…それだけで、本当に幸せでした。

野球が好きだから、いろんなことを試したくなります。
野球のいろんなことに、興味が出てきます。

失敗すると、なぜ失敗したかを考える…
ミーはそれくらいのめり込んでいました。

考えてみれば息子の頃って、
できないことなんて、何もないと思っていましたし、
なれないものなんて、何もないと信じていたんですよね。